Doctors Me(ドクターズミー)- 高温多湿の季節は注意?アソコの痒みは【カンジダ膣炎】かも!?

写真拡大

今年もまた、暑い季節がやってきますね。高温多湿になるとともに、デリケートゾーンの痒みが気になる人も多いのでは? もしかするとその痒み、「カンジダ膣炎」が原因かもしれません。

今回は、この聞きなれないカンジダ菌について、医師に解説してもらいましょう。

「カンジダ菌」が増えるとどうなるの?

カンジダ膣炎は、カンジダ菌(カビの一種)が原因で起こります。

身体にもカビが生えるのか、とちょっとショックかもしれません。しかしカンジダ菌は、人間の腸内や皮膚にもともと住み着いている常在菌です。女性の膣にも存在します。

人間が健康なときには何も問題を起こしません。
しかし抗生物質やステロイド剤の服用、疲れ、妊娠、糖尿病などなど、免疫力が落ちたり、膣粘膜の状態が悪くなると急激に増え、酒かすのようなおりものが出たり、デリケートゾーンが痒くなったり、赤く腫れることがあります。

カンジダ膣炎にかからないための予防策

カンジダ腟炎は再発しやすい感染症です。特に高温多湿の季節は以下のことに注意しながら、予防に努めましょう。

・ナプキンやタンポンはこまめに換える
・締めつけ過ぎない、通気性のよい下着を選ぶ
・汗でムレたり汚れたりしやすい外陰部は、日ごろから清潔を保つ
・基本的な栄養、睡眠を確保して体力を低下させない
・過度なダイエットはしない
・冷房などによる身体の冷やしすぎや過労は禁物

外陰部を洗う際は、清潔なお湯で膣の中まで指を入れて行いましょう。石けんをつけていいのは毛が生えている部分までで、それより奥の部分は、お湯だけで洗うようにしましょう。