Doctors Me(ドクターズミー)- 男の活力は“朝の〇〇”で分かる! テストステロンの低下に注意せよ!

写真拡大 (全2枚)

中年手前から中年の男性の皆さん、無気力や疲労感、頭痛などにおそわれていませんか?実はこれ、「男性更年期」のサインかもしれません。

女性は40代〜50代にかけて更年期障害が現れることはよく知られていますが、実は、女性だけではなく男性にも更年期障害があることが最近わかってきました。

原因は女性と同じように性ホルモンの低下なのですが、男性の場合はテストステロンというホルモンの低下で、女性の更年期障害とよく似た症状が現れることがあります。

男の機能不全、無気力は男性ホルモン減少のサインなのでしょうか…医師に詳しく聞いてみましょう。

更年期障害の特徴チェック項目

以下の症状が更年期障害の特徴です。

・無気力
・いらいら
・冷え
・疲労
・のぼせ
・動悸
・肩こり
・ほてり
・発汗
・倦怠感
・無気力
・不眠、
・うつ傾向

女性の場合、大多数の人が45歳前後〜55歳前後にこうした症状が集中するので古くから「更年期障害」として知られてきました。

しかし男性の場合、30歳代から80歳代まで、症状が出現する時期に個人差が大きいため、これまであまり注目されてこなかったのです。

テストステロンが多いと長生きでQOLも高い!?


テストステロンの低下と生活習慣や精神的ストレスは、鶏と卵の様な関係です。喫煙や仕事などでのストレスはテストステロンの低下を招きますし、テストステロンの低下でやる気がなくなります。男性更年期がうつ病と紛らわしい理由です。

また、テストステロンの低下は肥満を呼び、血管を傷め、糖尿病や高血圧などの生活習慣病ではテストステロンが減っていることもしばしばあります。さらに、テストステロンの低下は男性不妊の原因にもなります。不妊でお悩みの方は、まずパートナーの生活習慣を見直すことから始めましょう。

テストステロンが多いと長生きでQOLも高い!?

さらに、テストステロンの量と寿命や男性のQOL(quality of life:生活の質)との関連も報告されており、なんとテストステロンが少ない男性は以下のような結果が出ているのです。

・短命
・QOLが悪い
・高齢ではぼけやすい

(監修:医師 松本 明子)