Doctors Me(ドクターズミー)- 口から性病が!? オーラルセックスの2つの危険

写真拡大

「性の健康週間(11月25日から世界エイズデーの12月1日までの1週間)」というのがあるのを、みなさんご存知ですか?2012年のこの運動では「オーラルセックス(口腔性交)」に焦点を当てていたほど、じつは誤った認識が多い行為です。

先進国で性感染症が増加傾向にあるのは日本だけ、といわれることもありますが、それも正しい知識が広く浸透していないからでしょう。

70%の男女が経験者。それは危機感がないから?

日本では10代後半〜30代のうち70%はオーラルセックスの経験がありますが、その内、コンドームの使用率は20%との報告もあります。口なら妊娠しない、性病は移らないという思い込み、あるいはゴムをつけたままは気持ち悪い、というのが大きな理由だと思います。

しかし、「口での行為」にも、じつは危険が潜んでいるのです。

オーラルセックスに潜む2つ危険

【危険1】性器→口→性器…へと微生物が移動し、性病に
唾液や精液を介して、性器から口、口から性器へと微生物が移動することになります。微生物の中には、次の性感染症を起こすものも含まれます。
・淋菌
・クラミジア
・ヘルペス
・梅毒トレポネーマ
・AIDSを起こすHIV

【危険2】口の中に感染しても無自覚で、他人に感染
移動した病原体が即、体に侵入して感染が成立する、というわけではありませんが、性器も口も粘膜。他のヒフよりはずっと薄く弱いのです。
実際、性器淋菌感染症者の10〜30%、性器クラミジア感染症者の10〜20%は口からも菌が検出されるという報告があります。

しかし、特に口の中に感染したほんとんどの場合が無症状。つまり、口や咽に菌が付いても気が付かないまま、さらに他の人に移してしまうこともあるわけです。