「さっきご飯を食べたばかりなのに、もうお腹が空いた」なんてことはありませんか? それはもしかしたらインスリンの分泌の異常による低血糖症かもしれません。血糖値が上がりすぎる高血糖が問題視されることが多いのですが、実は低血糖もとても危険な状態なのです。

食事によって上昇する血糖値を下げるインスリンの働き

食事を摂ると血糖値は上昇しますが、これは食物に含まれている糖質が消化・吸収されることによる自然の反応です。血糖値が上昇すると体はそれを敏感に察知し、すい臓からインスリンを分泌します。糖質は体を動かすエネルギーとして使われますが、糖質が必要量より多くなるとインスリンによって中性脂肪として蓄積され、血液中の糖質は一定量を保つようになっています。

インスリンの分泌が多すぎると空腹感が続いてしまう

例えば、甘いものなど血糖値を急激に上げる食品を食べ過ぎたような場合、それに見合うインスリンが大量に分泌されます。インスリンは血糖値を下げる働きをするので、たくさん食べたのに血糖値は食事前と同じということになってしまいます。つまり、食べても空腹感がなくならず、もっと食べてしまうという結果に。このように、食事による高血糖に対応するためにインスリンが分泌されても、その量が多すぎるなどの理由で、かえって低血糖になってしまう症状を、反応性低血糖といいます。

反応性低血糖が続くと肥満や糖尿病の原因に

低血糖の状態もたまになら、そんなに心配することはありません。でも、それが何度も継続して続くと、糖尿病を発症してしまうなど、危険な状態に陥ってしまいます。食事が終わっても空腹感が続く……そのような状況では、甘いものを食べて空腹を抑えることも多いのではないでしょうか。その結果、さらに血糖値が高くなり、インスリンの分泌が続くすい臓は疲れ果ててしまうことになってしまうのです。

血糖値の乱高下を防ぐには、食べ方に工夫を

まず気を付けたいのが、甘い物だけでなくご飯や麺類などの炭水化物を減らすことです。その上で、食べる順番にも気を付けましょう。食物繊維や脂分を先に食べると、糖質の吸収を遅らせることができます。食事の時は、野菜、肉や魚、炭水化物の順番で食べるといいでしょう。食事の後に空腹感があっても、追加で食べてしまうのはNGです。食事の量は頭で考えて、この位で適量だと思った分量だけを食べるようにします。特に食事後3時間以内の空腹感は代謝トラブルによることが多いので、運動などをして紛らわせましょう。


writer:岩田かほり