風邪をひいたとき、胃腸の調子がおかしいとき、病院を受診して薬をもらいますよね。薬によって「食前」あるいは「食後」と記載されていて、いったいいつ飲めばいいのか悩んだことはありませんか?そこで今回は、知って得する! 正しい薬の飲み方についてご紹介します。

食前に飲む薬

食前とは、食事の20〜30分前のことをさしています。食べ物や胃酸の影響を受けない方がいい薬や、食事で高くなる血糖値を下げる薬は“食前”と指定されています。胃の調子を整える薬や食べたあとの吐き気を抑える薬も食前と指定される場合が多いのです。「食前」は飲み忘れが起きやすいので、必ず食事をする30分前には服用しましょう。

食間に飲む薬

食間とはその名の通り、食事と食事の間に飲むこと。つまり朝ご飯と昼ご飯の間、昼ご飯と夜ご飯の間です。決して食事の最中に飲む薬ではないのです。食事を終えてから、大体2時間後が“食間”にあたる時間帯。食後2時間もすれば、胃腸がスッキリすることが分かりますよね。この状態は胃酸の分泌が少なく、吸収も良好なのです。食間に飲む薬というのは、他の薬に比べて吸収されにくく、胃腸が荒れやすいので、食事を終えて胃腸が落ち着いた状態で服用します。食間と指定される場合、空腹の状態で飲んだ方がいい薬や胃腸の粘膜を保護する薬が多い傾向にあります。

食後に飲む薬

食後とは、食事を終えてから20〜30分経ったタイミングを示しています。食後はお腹の中に食べ物が残っているため、胃への刺激も少なくなります。食べものと一緒に吸収した方がいい薬や空腹のまま飲むと胃腸を荒らす薬などが食後と指定されます。ほとんどの薬が食後と指定されるため、皆さん、食事を終えた後に薬を服用する機会が一番多いのではないのでしょうか。

食前・食間・食後と、薬の時間帯にはそれぞれちゃんとした意味があるのです。適当に飲んでいると、かえって具合が悪くなってしまう場合も。いつまでも健康な体でいるためにも、時間帯をしっかりと守りながらお薬を飲んでいきましょう!


writer:山口 恵理香