ミネラルはたんぱく質、脂質、炭水化物、ビタミンと並ぶ5大栄養素のひとつです。代表的なミネラルには、カルシウム、鉄、マグネシウム、亜鉛などがあります。人間の体の中でも4%程度を占め、健康な体の維持に欠かせません。それなのに不足しやすいミネラル。今日はミネラルの役割をもう一度おさらいしてみましょう。

ミネラルが体の中で果たす役割は大きい!

ミネラルには、骨などの体の組織を構成するだけでなく、体のphの調整や、筋肉、神経の働きを整える役割、炭水化物やたんぱく質、脂質を代謝するといった大切な働きがあります。ミネラルは、体内で生成することはできないので、食べ物から摂る必要があります。代表的なミネラルの働きなどを見てみましょう。

【カルシウム】骨や歯の構成要素として欠かせない

カルシウムは、骨や歯などの原料になるだけでなく、神経や筋肉の興奮を鎮める効果があります。不足すると骨密度が低下して骨粗しょう症などの原因になるだけでなく、イライラして切れやすくなってしまいます。

【鉄分】赤血球の材料になる

鉄分不足は貧血を招きますが、鉄分は血液の中でも赤血球を作るのに欠かせない栄養素です。その他にも筋肉のエネルギー代謝を促進する働きがあるので、不足すると運動能力の低下にもつながります。

【マグネシウム】骨の形成を促進するだけでなく、酵素の働きを助ける働きも

マグネシウムは骨の形成を促進しますが、酵素の働きを助けるという重要な役割も担っています。不足すると、筋肉の緊張が維持できなくなったり、何もしなくても筋肉がけいれんを起こすなどの弊害があります。

【亜鉛】酵素の重要な構成要素として代謝に大きく関与

亜鉛は酵素として働きますので、不足すると重大な免疫機能の低下を招いてしまいます。その他にも亜鉛不足は、味覚障害や皮膚病、生殖機能の低下などの原因となります。

大切な栄養素なのに、日本人はミネラルが不足しがち

ミネラルは体内で生成できないため、食べ物から摂る必要がありますが、食事には気を付けているという人でも、常にミネラルは不足しがちです。これは、ミネラルを含んでいる食品を摂取しても、吸収率がそれほど高くないことも原因になっていると思われます。日本人が最も不足しているミネラルはカルシウムですが、カルシウムが多いと言われる牛乳も吸収率は50%程度、ホウレン草の吸収率は何と10%程度しかないのです。食事のバランスは大切ですが、ミネラル不足を感じたらサプリメントを利用する必要もあるかもしれませんね。


writer:岩田かほり