メイクポーチやドレッサーに眠っている化粧品はありませんか? いつか使うかもしれない……、捨てるのはもったいない……。そんな思いから何年もしまいっぱなしになっている化粧品は酸化したり、雑菌が繁殖していたりと肌の健康にとって悪影響を及ぼす可能性があります。今回は化粧品の捨て時についてご紹介します。

化粧品の使用期限は、防腐剤の有効期限

化粧品には、品質の劣化を防ぐために防腐剤が含まれています。化粧品の使用期限はこの防腐剤が有効に働いている期間のこと。無添加化粧品のように防腐剤フリーの化粧品の使用期限は一般のものと比べると短くなりますので注意が必要です。無添加化粧品には使用期限が記されているので、ラベルを見るのを忘れずに。美肌のために無添加やオーガニックコスメを使用しているのに、期限切れコスメを使用しているようでは意味がありません。

化粧水・乳液の使用期間目安

化粧水・乳液は開封後1年が使用期限の目安です。未開封のものでも3年以上たったものは品質が劣化している可能性があるので、処分するようにしましょう。水分が多く含まれる化粧水や乳液は開封したらできるだけ早く使い切りたいもの。開封後1ヶ月〜3ヶ月を目安に、ケチらずに使ったほうが良いでしょう。

ファンデーションの使用期間目安

ファンデーションは油分を含んでいるので、酸化すると肌トラブルの原因になります。パウダータイプのものは1年を目安に処分しましょう。リキッドタイプのものは水分が多いので劣化が進みやすく、半年を目安に処分するようにします。

日焼け止めの使用期間目安

去年のものが余っているから……とつい使いたくなる日焼け止めですが、開封したものは1年で処分しましょう。エアゾールタイプのものは製造から3年で使用期限を迎えます。特にリゾート用の日焼け止めは使い切れないことが多いので、最初から小さいサイズを購入したほうが良いでしょう。

アイシャドウの使用期間目安

アイシャドウは2年を目安に処分するようにしましょう。とくに指で塗っている場合には、皮脂がつきやすく酸化が進みやすいので、1年で処分するようにします。酸化が進んだアイシャドウを使い続けているとシミの原因や、目元の色素沈着につながるリスクも。アイシャドウはできればチップで使い、さらにそのチップもこまめに取り替えたほうがメイクもキレイに仕上がりますし、アイシャドウそのものが長持ちします。

口紅の使用期間目安

口紅は開封後1年くらいをめどに処分しましょう。油分が多く、酸化して変質しやすい上に、口に入るものなので、長く使い続けるのは禁物です。

マスカラの使用期間目安

マスカラは変質したものを使い続けると、目に入ったときにトラブルを引き起こす可能性がありますので、注意が必要。開封後3か月を目安に処分するようにしましょう。


writer:大森友美子