こんぶ、わかめ、のり、もずくなど海藻にはミネラルと食物繊維、ビタミンがたっぷり含まれます。ダイエットをしている人に何より嬉しいのが低カロリーであること。海藻の別名は「海の野菜」。でも野菜に比べると海藻を食べる機会は少ないのでは? 海藻と栄養素について知って、食卓に海藻を取り入れましょう。

海藻に含まれるミネラルをチェック

海藻には、カルシウム、リン、亜鉛、ヨードなどのミネラルが豊富です。ミネラルの働きを栄養素別にまとめてみました。一緒に確認しましょう!

カルシウム

骨や歯を作る。筋肉を収縮させる。血液を凝固させる。心臓の血管を正常に保つ。骨粗鬆症を予防する。

リン

体の組織の成長、再生を促す。歯を守る。リウマチの痛みを緩和する。ナイアシン(ビタミンB群)の働きを助ける。

亜鉛

代謝&免疫力をアップさせ、食欲を高めたり、皮膚病を防いだりする。

ヨード

代謝をアップさせる。成長を促進する。

海藻に含まれる食物繊維をチェック

海藻に含まれるのは水溶性食物繊維。とろみ・ねばねばのもとであるフコダインとアルギン酸が主な成分です。胃で水分を吸収して膨らみ満腹感が得られるので、食べ過ぎが抑えられるばかりか、糖の吸収が緩和されます。その結果、血糖値の急上昇やインスリンの分泌が抑えられて糖尿病の予防になり、ダイエット効果も期待できます。また、腸内の悪玉コレステロールを吸収して排出するので、血液がサラサラになり動脈硬化の予防になります。

海藻を使った簡単料理

海藻を摂って健康になるには、こんぶだしを取り料理を作る習慣をつけましょう。数日でしたら冷蔵庫でも保存がきくので、作り置きして使うと楽です。だしを使えば、料理の味付けを濃くしなくても満足できるので、カロリーカットができます。乾燥のりは、しょう油とごはんだけで食べられる超ファーストフード。常備して毎日食べましょう。和風スパゲティやスープにも合います。わかめはごま油で炒めてしょう油をたらすと風味よくいただけます。もずくは三杯酢で食べるだけでなく、沖縄風に天ぷらにすると目先がかわります。

わかめの味噌汁やひじきの煮物など昔ながらの日本の食卓には欠かせなかった海藻。健康によい海藻を再評価して毎日の食事にできるだけ取り入れるようにしましょう。


writer:松尾真佐代