眠っていたら目が覚めてしまった……。身体が思うように動かない! しかも誰かが乗っかっているような感じもする……。これはいわゆる「金縛り」といわれている現象。金縛りというと、どうしても思い浮かべてしまうのが“幽霊”ですよね。しかし、金縛りは幽霊とは全く関係なく、人間の身体に起って当然の現象なのです。そこで今回は、知って得する! 金縛りの原因と解除方法についてご紹介します。

金縛りって何なの?!

起きているのに身体が動かない……金縛りにあうと、動揺しますよね。でも怯える必要はありません。金縛りは睡眠麻痺の状態をさしており、睡眠中でも脳が活発に動き夢をみている「レム睡眠」のときに起きる現象といわれています。レム睡眠に入っているときに心拍や呼吸が乱れ、脳を圧迫するため、脳はつじつまを合わせようと身体を動かなくさせてしまうのです。つまり、金縛りはちょっとした「幻覚」ということ。私たち人間の身体はもともと、レム睡眠時には身体が動かなくなるように仕組まれているため、幽霊とは全く関係ありません。金縛りは科学的にも、一種の睡眠障害であると証明されているので、金縛りにあったからといって、必要以上に恐れることはないのです。

金縛りの症状

金縛りの症状としては、

意識はあるのに手足が動かない声を出すことができない目を閉じられない誰かがのっているような感覚がする耳鳴りがする

などが挙げられます。
先にも述べたように幽霊にとりつかれているわけではなく、レム睡眠時に起きる幻覚だということを忘れないでくださいね。では、実際に金縛りにあったときは、どういった対処をするべきなのでしょうか。

金縛りの対処法

金縛りの対処法としては、まず、無理やり身体を動かすのをやめて、目が閉じられそうだったら閉じてみましょう。金縛りは永遠に続かないので、焦らず自然と治るのを待ちます。あるいは、身体の力を入れずに、深呼吸をしながら回復を待つ方法もあります。このように金縛りを意識的に解くことも可能ですが、あえてそのままの状態でただ時が経つのを待つのも一つの方法。「やばい! 」と慌てながら解除しようとすると、翌朝に疲れが残ってしまうのです。

金縛りは幽霊現象ではない、ということがお分かりいただけましたよね。実際に金縛りになってしまったときも慌てずに、深呼吸をしながら回復を待ちましょう。「これは幻覚なんだ」と思うだけでも気持ちは楽になれるはず。金縛りのメカニズム、今後の参考にしてみてくださいね!


writer:山口 恵理香