何となく倦怠感が続き、家に帰ってもなかなか疲れが抜けないなんてことありませんか? 厄介な人間関係や、パソコンを長時間使い続ける仕事など、私たちの周りには疲労を感じさせるものがいっぱい。でも、日常生活で感じる疲労を速攻で回復される方法があるのです。それが“足裏ドライヤー”。やり方は、足の裏にドライヤーの熱風を当てるだけといたって簡単。疲れた時は、ぜひ、やってみてください!

3種類の疲れが影響し合い、負のスパイラルに!

ひとことで“疲れ”と言っても、その内容はいろいろあります。大きく分けると、疲労は「肉体的疲労」「精神的疲労」「神経的疲労」の3つに分けることができます。この3つは相互に影響し合い、ひとつの疲労が別の疲労を招くこともあるのです。精神的な緊張感から体も緊張してしまい、余計疲れてしまったなんてことはありませんか? 精神的、神経的疲労は、自律神経優位の状態となり、内臓や筋肉が活発に働き続けることになって肉体的疲労を呼びます。また、肉体的に疲れている時も、神経が緊張して疲労感が募っていきます。これが続くと、3つの疲れが負のスパイラルに陥ってなかなか脱却することができません。

3つの疲労は血行不良が原因!

疲労には3種類ありますが、いずれの疲労も最終的には筋肉の緊張に行きつきます。筋肉が緊張して固くなると、血行が悪くなって、全身のすみずみにまで血液がいきわたりません。つまり血行を良くすることで3種類の疲労のスパイラルから抜け出して、リフレッシュすることができるのです。

試してみて!疲労回復に即効の“足裏ドライヤー”

血行を良くする方法はいろいろありますが、疲れている時にでもできるのが“足裏ドライヤー”のいいところです。やり方は、ドライヤーの熱風を足の裏にあてるだけ。もちろん、やけどをしないように注意をしてください。“足裏ドライヤー”は、熱い風を心臓から一番遠い足の裏にあてることで、足裏の血行を促し、全身の血行を蘇らせることができる方法です。また、足の裏には、いろいろなツボが集積しています。“足裏ドライヤー”は、心臓や肝臓、すい臓などのツボを刺激することにもなるので、効果も倍増。実際にやってみると、足の裏だけでなく体全体がポカポカしてすっきりする感じです。皆さんも、ぜひ、試してみてくださいね!


writer:岩田かほり