基礎体温を測った方がいいことは重々承知だけど、面倒くさくていつも諦めちゃう……。体調の変化を知ろうと思って基礎体温計を買ったものの、そのまま放置していたりしませんか? もしかしたら、基礎体温をつける意味が全く分からないという人もいるかもしれませんね。そこで今回は忙しい現代女性が知っておくべき基礎体温を測る意味についてご紹介します。

教えて! 基礎体温ってなに?

基礎体温とは人間が生きていくうえで最低限の体温のことをさしています。最低限の体温を測りたいわけですから、本来は寝ているときに測らなくてはいけませんが、そうはいきませんよね。そのため、基礎体温を測るときは、目が覚めた瞬間に測るようになっているのです。身体を動かす前に体温計をつかって測定していきますが、この体温のことを基礎体温と呼びます。女性ホルモンと基礎体温は密接に繋がっており、体温の変化によって身体の状態を知ることができます。妊娠を希望している人はもちろんのこと、生理前や生理中の体調不良もある程度前もって予測可能に。

基礎体温で分かること

基礎体温で分かることは、生理の時期や排卵日、安全日、危険日、妊娠の有無などです。その他にも卵巣や黄体の機能不全も基礎体温から分かるんですよ。仮に卵巣や黄体に何らかに異変があっても普通に過ごしているだけでは気づきにくいもの。体温を測っているからこそ分かることなのです。最近はバストアップのサプリメントを飲む女性も多く、より効果を発揮するために基礎体温を参考にしているとか。基礎体温を測るだけで、カラダの状態を知ることができるなんて、何だかお得ですよね!

体温計の正しい測り方

基礎体温を測るときは、寝たままの状態で測ります。そのため、夜眠るときは手が届くところに体温計をおいておきましょう。測る時間帯は必ず、朝目覚めたとき。カラダの内部がまだ休んでいる状態で測っていきます。可能な限り、毎日同じ時間帯に測り、記録をつけるようにしてみて。風邪をひいたときに測る体温と違って基礎体温計は、舌にはさんで測定します。ピピッと鳴るまで、そのまま安静に。測り終えたらノートに記録して、できればグラフ化しておくと、不調があらわれたときにすぐに気づけます。

生理不順になったり、下腹部が痛んだり……ときには婦人科を受診することもあるでしょう。そういうときも、普段から基礎体温をつけておけば、それを参考に医者がカラダの状態を判断してくれるのです。忙しくなればなるほど、体温をつけることを省いてしまいますが、健康を維持するためにも基礎体温を測って、些細な変化にも気づけるようにしておきましょう!


writer:山口 恵理香