最近話題になっている「重曹うがい」。虫歯の予防にもかなりの効果があるようです。重曹というと部屋のそうじやカビとりに効果があると言われていましたが、注目を集めている重曹うがい、なぜ虫歯に良いのかを改めて検証してみましょう。

重曹とはどんな成分?

重曹は、炭酸水素ナトリウムの白い粉です。油汚れやカビとりなどの掃除に良く使われます。重曹は弱アルカリ性の性質を持ち、脂や汚れの脂肪酸を中和します。脂肪酸は中和すると水に溶ける性質を持つので、脂や汚れが落ちるのです。お菓子や料理にベーキングパウダーとして使われる理由は、重曹に熱を加えると水と二酸化炭素に分解されて発泡作用があるからです。粒子が硬すぎないので素材を傷つけないという点も掃除に有効です。角質を落とすために重曹洗顔をしている人がいるかもしれませんが、肌に摩擦を与えるので頻繁に行うのは避けましょう。

重曹うがいで口臭・虫歯をシャットアウト

むし歯菌は歯溶かすために酸を出しますが、重曹は弱アルカリ性なので、食べ物で汚れた酸性の歯や口の中を中和します。中和されると口臭がなくなり、むし歯を予防したりむし歯の進行を遅らせたりします。さらに歯の再石灰化を促進する効果も。研磨作用もあるので歯についた汚れを削りとり歯を白くします。ただし、重曹を使って歯磨きをすると歯が傷つくので避けたほうが無難です。また、重度のむし歯は重曹うがいでは治らないので、早めに歯科医院を訪ねることをおすすめします。

重層うがいのやりかたをチェック

重層うがいのために重曹水を作ります。作り方は簡単で、コップ一杯の水に重曹(薬用または食用の重曹に限ります)小さじ半分を混ぜるだけ。重曹水を口にふくみ、口の中にまんべんなく広がるように30秒ほどうがいをします。毎回作るのが大変だと思う人は、500mlのペットボトルに重曹小さじ一杯を入れて混ぜ、冷蔵庫で冷やしておきましょう。大体1週間保存が可能です。爽やかな味にしたい人は薄荷を混ぜて使うとよいでしょう。

さまざまな効能のある重曹、うがいだけでなく日常生活に取り入れてみると良いですね。最近は100円ショップでも重曹の扱いがありますが、これは食用ではありませんので重曹府外には不向きです。


writer:松尾真佐代