いま大人気のスポーツといえば「ランニング」。ダイエットが目的で走る人もいれば、いつの間にか本格的な趣味として楽しむようになったという人もいるはず。しかし、人によってランニングに取り組む時間が異なっています。朝にやるべき? 夜にやるべき? 今回は、朝ラン・夜ランのメリットを比較しながら、疑問を解消していきましょう!

ダイエットなら朝ラン、リフレッシュなら夜ラン

ダイエットの一環としてランニングに取り組むなら「朝ラン」がおススメ。ご飯を食べる前にランニングするということはお腹の中に何も入っていない状態。このときに、あえて走ることによって、身体に蓄積していた脂肪をエネルギーに変えることができるのです。また、朝は一日の中でも体温が低い状態ですが、走っていくうちに眠気が覚め、体温と基礎代謝を同時にあげられます。ダイエット重視なら、朝ランに取り組んでみてはいかがでしょう。一方、夜ランはリフレッシュを目的に走っている人におススメです。一日身体を動かした後に走るため、走るときにはすでに身体が動かしやすい状態に。その日起きたイヤなこと、普段モヤモヤしていることも爽快に走れば気分スッキリになること間違いなし!

朝ランのメリット脂肪燃焼しやすい日中、活動的になれる規則正しい生活が身につく継続しやすい

朝から走ることを考えると夜遅くまで起きてはいられません。朝ランに取り組むことで自然と規則正しい生活をおくれるようになり、日中も活動的になれるのです。早朝から活動できるようになると1日の充実度も変わってくるため、表情もイキイキとしてくるはず。早寝早起きを目指すなら、朝ランがおススメですよ。

夜ランのメリット1日の疲れをリセットできる無理やり生活スタイルを変える必要がない食欲抑制

1日働いていれば、イヤなこともあります。しかし、1日の終わりに走ると決めておけば、わざわざお酒を飲まなくてもすぐにリセットできるようになるのです。また、早寝早起きではなく、あくまでも今の生活ペースを続けたいという人には、夜ランの方が最適。運動した直後は食欲も低下するため、食べ過ぎ防止にも期待できます。

自分の生活スタイルや体調、目的に合わせて、走る時間帯をきめていきましょう。くれぐれも無理のない範囲で行い、走ったことで体調を崩さないように気をつけてくださいね!


writer:山口 恵理香