色々とダイエット方法を試しているのに、なかなか痩せられない……。それは、基礎代謝量が低いからかもしれません。基礎代謝量が低いと消費されるカロリーが少ないので痩せにくいのです。食事制限をして摂取カロリーを減らすことも大切ですが、代謝を上げることも同じように重要です。新陳代謝を上げる方法をご紹介します。

代謝が悪いとどうなるの?

代謝が悪いと汗をあまりかかない、血行が悪く身体が冷える、肌が荒れる、くすむなど身体のあらゆるところに不調が現れます。ここから様々な病気に繋がることがあるので、軽く考えるのは危険。日々の生活で以下のようなことがないかチェックしてみましょう。

疲れやすい足がむくみやすい手足がすぐに冷たくなるダイエットをしてもやせない生野菜を良く食べるあまり汗をかかない下半身が太い

どれか一つでも当てはまる人は代謝が悪くなっている可能性がありますので、生活習慣の改善が必要かも。

代謝を上げるにはどうしたらいいの?

1.代謝を上げる飲み物を飲む

代謝が低いのは、内臓が冷えていることが原因の1つ。まず朝、内臓を温めるために温かい飲み物を飲むようにしましょう。朝起きて白湯を一杯飲むだけで、簡単に血流を良くすることができます。また、冷えの解消にも役立つココアや、血液をサラサラにしてくれるカテキンを含む緑茶もおすすめです。砂糖を含む飲み物は身体を冷やすので、スポーツドリンクやジュースは控えるようにしましょう。

2.タンパク質をとる

タンパク質を構成するアミノ酸は、脂肪分解酵素を活性化するので、脂肪を燃えやすくしてくれます。ダイエットのためにカロリーを制限する食事をしていると、タンパク質が不足しがち。野菜と合わせてしっかりとタンパク質もとるようにしましょう。

3.代謝を上げる生活習慣を

食べ物の他に代謝を上げる方法としては、無酸素運動をすること。無酸素運動で筋肉をつけると基礎代謝量が増え、痩せやすい体につながります。また、汗をしっかりかくということも大切。冷房の温度は高めに設定し、半身浴をするなどして、汗をかく生活をしましょう。


writer:大森友美子