大相撲夏場所は初日(5月10日)から波乱の展開だった。結びの一番、白鵬が3年ぶりに初日に黒星。破ったのは同じモンゴル人力士の小結・逸ノ城だ。

 白鵬はこの黒星に動揺を隠しきれないという。なぜなら、逸ノ城に加え、今場所で大関取りを狙う関脇・照ノ富士という2人の出世頭は、同じモンゴル人でありながら白鵬が束ねる派閥から外れ、母校・鳥取城北高出身者で固まっているからだ。

 動揺の理由はもう一つある。最近、白鵬が率いるモンゴル人軍団の足並みが揃っていないというのだ。

日馬富士が白鵬から距離を置き始めている。実は今年の初場所前、モンゴル人力士の間で“全員で本場所を休場しないか”という動きがあった。昨年から続く観客の“モンゴル人差別”(※注)への抗議の意味だったと見られているが、日馬富士が強く反対した。

 将来は部屋を持ちたいと熱望する白鵬に対して、日馬富士はあくまで相撲は出稼ぎの仕事と割り切っているフシがある。モンゴル人女性と結婚したことからも帰化の意向は薄く、引退後協会に残るつもりはないのだろう。両者の間には温度差ができ始めています」(相撲ジャーナリスト)

 むしろ日馬富士は「反・白鵬」の黒幕とも目される。

「同じ部屋の照ノ富士にハッパをかけて、打倒・白鵬を誓わせた。照ノ富士は白鵬の父親に日本で相撲をやるよう導かれたが、実際は来日したものの入門先を紹介されるでもなく苦労して嫌な思いをした。

 最終的には角界関係者の配慮でモンゴル留学生が多くいる鳥取城北に入学できたが、その経緯から白鵬に対して複雑な思いがあるようです。反・白鵬の急先鋒になるかもしれません」(角界関係者)

 土俵の中心はモンゴル勢で揺るがない分、仕度部屋の内乱のほうが面白いかも。

【※注】昨年の夏場所千秋楽、日馬富士との結びの一番。白鵬が負ければ星1つの差で並ぶ稀勢の里に優勝の可能性が出るため、ファンから日馬富士コールが沸き起こった。一昨年の九州場所では、白鵬は稀勢の里に敗れたが、その時にはファンから万歳三唱が起きた。

※週刊ポスト2015年5月29日号