淡路島で弥生時代の銅鐸7個 専門家「数十年に一度の大発見」

ざっくり言うと

  • 兵庫県南あわじ市で計7個の銅鐸が見つかったと19日、発表された
  • 青銅製の棒も3個確認され、専門家は数十年に一度の大発見と指摘
  • いずれも紀元前2〜3世紀(弥生前期末〜中期初頭)に鋳造されたという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング