レッドブル・エアレース・ワールドチャンピオンシップ(以下、エアレース)。日本での知名度は決して高いとは言えなかったその競技は、この半年ほどで大きく立場を変えていた。

 昨年11月、エアレースの日本初開催が発表された記者会見は実に静かなものだったが、5月16、17日の2日間、千葉・幕張海浜公園で行なわれたエアレースには、のべ12万人の観客が集まった。取材に訪れた報道陣も300人を超えたという。

 エアレースが、短期間に日本での知名度を一気に高めた理由はさまざまあるが、なかでも分かりやすい"アイコン"の存在があったことは大きかったはずだ。

 室屋義秀のことである。

 アジア人として唯一エアレースに参戦している日本人パイロットは、2009年にエアレース・デビュー。以来、エアレースそのものが休止していた11〜13年を除き、世界中のトップパイロットたちとしのぎを削ってきた。昨年は自身初となる表彰台(第2戦での3位)にも立っている。

 当然、室屋はエアレースの日本初開催にあたり、各方面で引っ張りだことなった。レースへ向けて忙しく準備を進めなければならなかったが、それでも多くのイベントに参加し、各種メディアの取材を受けることもいとわなかった。

 無理もない。エアレースを日本で開催することは、室屋にとって長年の念願だったからである。実際、室屋は17日のレース後にこんなことを話している。

「20年前、日本で航空スポーツは誰も知らない世界だった。誰も知らないところで飛ぶのは辛かったが、今回12万人に見てもらえて、多くのメディアにこれだけ紹介してもらって、かなり多くの人に知ってもらえたと思う」

 それが分かっていたからこそ、室屋は努めて明るく、アイコンとしての役割を担ってきた。

 本来の室屋は、取材嫌いとまでは行かなくても、積極的に表に出たがるタイプではない。根底にあるのは競技に集中したいというアスリートとしての強い意志だ。およそ6年半前、初めて室屋にインタビューしたとき、こう語っていたのを思い出す。

「パイロットとしては勝つことだけを考えたい。メディアも含めて周りに何もなく、インタビューとかが一切ないのが望ましい。たぶんパイロットは現場に入るとそうなる。競技だけに(集中したい)というのが本音」

 実際、これまでの室屋はレース前になるとどこかピリピリしていることが多かった。口数は少なく、取材を避けるような様子さえあった。

 しかし、今回は違った。室屋はいつになく明るかった。

 室屋はレース前に「優勝を狙う」とか、「表彰台が目標」などと口にすることは絶対にない。常々、「あくまで順位は相対的なものであり、自分たちが持つ100%の力を出すことこそが重要」と考えているからだ。

 地元開催のレースを前にしてもそのスタンスが変わることはなかったが、強気で前向きなコメントが多かったのは確かだ。

 たとえば、「幕張は過去にエアショーで飛んでおり、風の条件が把握できているので有利」だと地の利を強調し、また日本開催のレースへ向けて新型機を導入したことについても、十分な調整期間が得られなかったにもかかわらず、「いい仕上がりで満足している」と語っていた。

 日本初開催のエアレースでは、常に多くの報道陣が室屋を取り囲んだ。今までならとてもありえなかった状況にも、苛立ちを見せるどころか、時に笑いを交え、丁寧に対応していた。16日の予選が終わった後の記者会見では、地元開催でフライトした印象を問われ、「スカイツリーも見えた」と笑いを誘ってみせた。

 そんな姿に、痛々しい、は言いすぎだとしても、どこか違和感が拭えなかった。

 室屋の胸の内を推し量るように、現在最強のエアレースパイロット、ポール・ボノム(イギリス)はこんなことを語っている。

「ヨシ(室屋)に地の利があると言われるが、千葉のレースは初開催で誰も飛んだことがないのだから条件はみんな同じだ。それでもヨシはメディア、家族、友人などの期待を受けて結果を残さなければならない。実際、私がホテルを出て外を歩いていても声をかけられないが、ヨシは違う。だからと言って、それを無視するのも難しい。ヨシの精神的なプレッシャーは相当大きいだろう」

 ボノムの心配を裏付けるかのように、室屋は16日の予選を9位で終えた。開幕戦の予選3位からは大きな後退である。室屋はあまりに重い荷物を背負わされすぎた。そんなふうに思えた。

 だが、室屋はようやくこぎつけたエアレースの日本初開催の機会――すなわちスカイスポーツの人気拡大や航空文化の啓蒙のチャンス――を無駄にするわけにはいかなかった。

 果たして翌17日、室屋は驚くべきメンタルタフネスを見せつける。

 この日の最初のセッションとなるラウンド・オブ・14(1対1のマッチプレイ方式で争われる)では、予選6位のマルティン・ソンカ(チェコ)と対戦し、50秒779というタイムを記録して勝利。これは今大会の全フライトのなかで最速という驚異的なタイムだった。続くラウンド・オブ・8では最終的に優勝を果たすボノムに敗れ、最終順位は開幕戦(6位)を下回る8位に終わったものの、地元のヒーローは強烈なインパクトを残して大会を終えたのである。

 室屋は記念すべき日本初開催のエアレースについてこう評した。

「今までやってきたことの成果として、ものすごい数の観客の前で飛べた。今日が人生で一番いい日なのかなと思う」

 だが、同時に室屋とってこの日は「人生で一番長い日」だったのではないだろうか。

 パイロットであると同時に、日本での「宣伝担当」も務めなければならず、レースに集中するのは難しかったに違いない。それでも室屋は強烈なプレッシャーに耐え、その両方を見事に務め上げた。

「長い間航空スポーツの世界を戦ってきたひとりとして、これだけ多くの人に見てもらえたことは大きなこと。レース前は感慨にふけりながら(飛行場から)レーストラックに向かった」

 室屋は最後まで明るく晴れやかな表情でそう語り、長かった1日の幕を下ろした。

浅田真樹●取材・文 text by Asada Masaki