86円キャンペーンパネルと8.6秒バズーカー

写真拡大

ソフトバンクモバイルは2015年5月19日、東京都内のホテルで15年夏モデルの発表会を開き、スマートフォン4機種の投入を明らかにした。同社として初めて「ギャラクシー」を扱う。発表会には同社の名物CM「白戸家シリーズ」に出演する女優の樋口可南子さんらも駆けつけ、会場を盛り上げた。

抽選で8.6秒バズーカー本人たちがステッカーを届けてくれる企画

「白戸家」からは樋口さんのほか、「お父さん犬」のカイくん、ダンテ・カーヴァーさん。

「iPhone」を手放せないという樋口さんは、ソフトバンクが展開する、会員情報などを入力をせずにネットショッピングを身近に楽しめるようにする取り組み「モバイルeコマース革命」について、

「パスワードを忘れることが多いので、便利になって嬉しい」

とコメントした。

ネットショッピングを頻繁に利用するというカーヴァーさんも、

「とても素晴らしい革命です」

と語った。

「白戸家」の2人が、ソフトバンクモバイルの宮内謙社長とゲストが談笑しているところへ、銀色の衣装に身を包んだお笑いコンビ「8.6秒バズーカー」の2人が乱入。「モバイルeコマース革命」の説明を取り入れてアレンジした「ラッスンゴレライ」を披露した。

8.6秒の2人はまた、

「安定した生活が欲しいので、白戸家の養子という設定でCMに出演させて」

と直訴。宮内社長は、

「なかなか難しいかもしれないが検討する」

と腰が引けたようすで答えた。

宮内社長は2人が登場したタイミングで「8.6秒バズーカーに会える!お値段税込86円キャンペーン」の実施を発表。15年5月31日までの間に「Yahoo!ショッピング」で8.6秒バズーカー特性ステッカー2000枚を販売し、購入した人たちの中から抽選で3名に、本人たちから直接ステッカーを届けてもらえるという企画だ。当選者に品物を届ける際、2人が何かネタを披露するという。キャンペーンについてて2人は

「これやったら僕らに0.1円も入ってこないですよ」
「交通費絶対出ない」

と会場の笑いを誘っていた。