写真提供:マイナビニュース

写真拡大

千葉県浦安市の東京ディズニーシーに2017年春、ディズニー/ピクサー映画『ファインディング・ニモ』と『ファインディング・ドリー(原題)』(2016年公開予定)の世界を舞台にした新アトラクションが誕生することが19日、明らかになった。

新アトラクションは、『ファインディング・ニモ』シリーズの映像とライドシステムの動きを融合させることにより、映画の海底の世界を体験できる屋内型アトラクション。

ゲストは、魚サイズに縮むことができる潜水艦に乗り込み、ニモやドリーたちと同じ目線で海の世界を冒険。途中で出会う海の仲間たちは体験のたびに異なり、乗るたびに新しい発見を楽しむことができる。

また、アトラクションの映像制作には、2016年7月公開予定の『ファインディング・ドリー(原題)』の映画制作スタッフが参加。スクリーンで展開される美しい海の世界が、アトラクションで再現される。

なお、同アトラクションの導入に伴い、「ストームライダー」は2016年5月をもってクローズする。

アトラクション概要開業時期:2017年春(予定)体験時間:約5分(メインショー)乗車定員:1キャビンあたり122人キャビン数:2台利用制限:身長90cm以上、3歳以上総投資額:約50億円(予定)(C)Disney/Pixar