米国 2100年までに猛暑日が現在の6倍に増加する研究結果 気候変動が影響

ざっくり言うと

  • 米国で2100年までに猛暑日の日数が現在の6倍に増えるとの研究が発表された
  • 寄稿文は「(増加の)重要な要素は、気候と人口の変動」と指摘している
  • 同国ではすでに年間数百人が暑さが原因で死亡しているとみられる

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング