さらに精度が高い自車位置測位が可能になったゴリラ登場!

写真拡大

パナソニックはSSDポータブルカーナビゲーション「ゴリア・アイ」、「ゴリラ」の新製品4機種を2015年6月5日に発売する。

発売20周年を迎える「ゴリラ」は、基本性能である自車位置測位精度と豊富な地図情報や親切な案内による使いやすさで、中高年やドライブ初心者に広く支持されてきた。

新製品はGPSを受信不可能なトンネル内、ビル街、高架下など自車位置が測定できないとされる場所でも、米国のGPSに加え、準天頂衛星「みちびき」、ロシアの「グロナス」に対応したトリプル衛星受信とジャイロ搭載による正確な自車位置測位が可能になり、市街地でも迷わずに安心してドライブできるという。

さらに、オプションのOBD2アダプターで衛星の届かない市街地、地下駐車場、トンネル内でも精度の高い自車位置測位を実現した。

他にも大容量16GBメモリーに最新の詳細地図を収録、より確実に目的地へ誘導可能に。また、車両前方の交通状況やドライブ中の思いがけない美しい風景を高画質で常時録画してくれる「ドライブカメラ」を搭載した。