写真提供:マイナビニュース

写真拡大

AKB48の柏木由紀が18日、オフィシャルブログを更新し、6月6日に福岡・ヤフオク!ドームで行われる開票イベント「第7回AKB48選抜総選挙」に向けて、1位への思いをあらためてつづった。

今年最初の投稿で「【本気の1年】にしたいです!!」と目標を掲げ、「総選挙だっていまからがんばるぞっ」「どこにも注目されなくたってトップ目指します」と気合をみなぎらせていた柏木。総選挙への出馬を保留するメンバーもいる中で、受付開始日の3月25日に立候補した。

19日付のブログでは「いっぱい考えて、いっぱい悩んだんだけど、、いつも支えてくれるファンの皆さんと1位をとりたいなって」「わたしのAKBでの大きな夢かなっ」と1位への強いこだわりを伝え、「宣言することで、いろんなプレッシャーとかもあるけど、、、もちろん皆さんにも、、、」と複雑な心境もつづる。

それでも「でも夢にチャレンジする前に諦めるのはよくないなって」と自らに言い聞かせ、「これで夢が叶わなかったからといってわたしはなーんにも変わらないし、落ち込むこともないです」と断言。「みんなのこともだいすき。だから今年はワクワクしてます!」「あーーみんなで笑いたいねー♪♪想像しただけで、すっごく笑顔になれませんっ?笑」と思いをはせる。

今年は39枚目シングル「Green Flash」で小嶋陽菜と共にWセンターを務めた柏木。「初Wセンターは嬉しかったなぁ。ファンの方にも喜んでもらえてほんとにほんとに嬉しかった」と喜びながらも、「だからこそ今度は、、目指せ!センター!!!単独ねっ」と欲しいのは単独センターの座。「よしっ。みなさん。今年の選抜総選挙。いっしょに楽しみましょうよ!!やっちゃいましょうよ!!!笑」とファンに呼びかけ、今回にかける思いを「今年は本気です」と力強い言葉に込めた。

柏木は2006年に3期生としてAKB48に加入。2009年に9位にランクインし、その後も2010年に8位、2011年に3位、2012年に3位、2013年に4位、2014年に3位と常に上位をキープしている。