写真提供:マイナビニュース

写真拡大

カントリー音楽が好きな筆者は、チェックシャツにジーンズが定番スタイル。でも、何度も着てくたびれてしまったものや、デザインがイマイチでお蔵入りしてるシャツ……もったいないのでどうにかならないかしら……と思った時に試してみたのが、布用ボンドを使った「貼るだけリメイク」です。洋服代の節約にもなるので試してみてはいかがでしょうか。

○ミシンいらずで楽しくオシャレに復活!

今回リメイクしたのはネルシャツ2枚。気に入っているのに、クタクタになってしまったのが右側のシャツ。写真左側のシャツは、ヨーク部分がレースになっているものを探していて最近購入しました。でも、何となく地味なところが残念……もう少し可愛くしたい!

筆者はクラフト好きなのですが、それでもいちいちミシンを出すのは面倒なものです。お裁縫が苦手な人からは、「リメイクするより買ったほうがいい!」という声が聞こえてきそうです。

でも、針も糸もいらず、100円ショップでで購入できるアイテムでリメイクできるなら、手軽に楽しめますし、洋服代の節約にもなります。

今回紹介するアイデアで必要な材料は、布用ボンドとレース。「布用ボンド」と表示されていても、接着力や耐水性などにかなり差があるようです。筆者が試してみたのはダイソーの「生地・皮用ボンド」。筆者の場合、数回洗濯してもはがれることはありませんでしたが、条件によってははがれてしまうことがあるかもしれません。でも、はがれてしまったらもう一度チャレンジするぐらいの気持ちで試してみてください! なお、他に用意したものは、同じく100円ショップで購入したレースとボタンです。

では、工作気分でスタートです。

まず、襟や袖をレースで縁取るようにボンドで貼り付けていきます。表・裏どちらから貼るかは、シャツの仕立て方やデザインによって変わってきます。

前立ての部分は、半分に切ったレースを縫い目の際(きわ)ではさむようにボンドで接着します。ブルーの方はボタンも付け替えてみました。

完成したのがこちら!

クタクタになっていたシャツは、ボンドでレースを貼り付けたことでハリが出てピシッとなりました。ちょっと地味だったシャツは、メリハリがでて良い感じになったと思います。

簡単で楽しい作業なので、いろいろなところにレースを貼りたくなってしまうかもしれませんが、やりすぎ!? にはご注意を。

執筆:YUM中学3年生の息子に身長を追い抜かれてから、上から目線に悔しい反面、成長を目の当たりにしてうれしい日々を過ごしています。趣味はDIY、クラフト全般……と、手を動かすことが大好き! 現在自宅をセルフリフォームするべく画策中です。

本稿の内容を実行したことによる損害や障害などのトラブルについて、執筆者および編集部は責任を負うことができません。記載内容を行う場合は、その有効性、安全性など十分に考慮いただくようお願い致します。記載内容は記事掲載日時点の法令や情報に基づいたものです。また紹介されている商品やサービスは、すでに提供が終了していることもあるほか、入手先など記事に掲載されている情報のみとなり、お問い合わせに応じることができません。記載内容を参考にしていただき、ご自身の暮らしにお役立ていただけますと幸いです。

(YUM)