天才ドミニク・ウィルコックスと日常を再発明してみよう:6/6ワークショップ開催 #WXD

写真拡大

あのポール・スミスやトーマス・ヘザーウィックも注目する天才、ドミニク・ウィルコックスのワークショップを開催。身の回りにあるガラクタから新しい発明品をつくることで、独創的なアイデアを生み出すテクニックを学ぼう!

「天才ドミニク・ウィルコックスと日常を再発明してみよう:6/6ワークショップ開催 #WXD」の写真・リンク付きの記事はこちら

Dominic Wilcox | ドミニク・ウィルコックス
イギリス・サンダーランド出身。エジンバラ・カレッジ・オブ・アートなどで、主にグラフィックデザインを学ぶ。ブログに書きためてアイデアを1冊にまとめたイラスト集『Variations on Normal』は、2012年に自費出版するやいなやすぐ完売し話題に。その一風変わった「新しいデザインの提案」は、国内外から賞賛を集め、アート界での活動だけでなく、企業とのコラボレーションも多い。自身を「アート、デザイン、クラフト、テクノロジーの世界で横断的な仕事をしている」と表現する。 dominicwilcox.com/

WXD ワークショップ
あたりまえの向こう側:天才ドミニクと日常を再発明しよう

日時:6月6日(土)10:00 - 12:00(9:45開場)

場所:アンクルハット(港区南青山5-6-23 スパイラル9F)

完売いたしました

身の回りにある日用品を使って、思いも寄らぬフレッシュなアングルで次々と新たな発明品をデザインする。ドミニク・ウィルコックスにはそんな人並み外れた才能がある。

ファッションデザイナーのポール・スミスや、現代の英国プロダクトデザイン界をその双肩に担うトーマス・ヘザーウィックも、ウィルコックスに対して惜しみない賛辞を送っている。

彼に新しいアイデアを生み出す秘訣を聞くと、少しだけモノの見方を変えるだけだと言う。

「世界のすべてのもののなかには、何百もの驚くべきアイデア、新しいつながり、未知なる可能性が眠っているのです。それを探しだしてあげるために、まずは、ものをじっくりとよくみつめてみなくてはなりません」

英国の天才デザイナー、ドミニク・ウィルコックスが描く、未来のあたりまえ

英国で注目のデザイナー、ドミニク・ウィルコックス。“ヘタうまイラスト”で彼が描き出すのは、日常を新たな視点で見ることで生まれる、未来のあたりまえだ。(本誌VOL.15の総力特集「ワイアード・バイ・デザイン」より転載)

6月6日(土)に東京・青山のスパイラルホールで開催される「WXD(ワイアード・バイ・デザイン)カンファレンス」でキーノートスピーチを予定している彼の「新しいモノの見方」を体感する場を用意すべく、ワークショップの開催を打診。すると、同日の午前中、9階のレストランを貸し切って、20名限定で開催できることになった。

「日用品を何か新しいものに変える」。それが今回のワークショップの内容だ。ウィルコックスにその技を教わりながら、会場に用意されたさまざまな日用品を使って、実際に作品を制作する。

新しい視点から独創的なアイデアを生み出す彼の発明のテクニックは、きっと次の新製品企画にも活かすことができるだろう。

WXD ワークショップ
あたりまえの向こう側:天才ドミニクと日常を再発明しよう

完売いたしました

日時:6月6日(土)10:00 - 12:00(9:45開場)

場所:アンクルハット(港区南青山5-6-23 スパイラル9F)

定員:20名

参加費:5,000円(税込)

これからのデザインを体験する! 「ワイアード・バイ・デザイン(WXD)」イヴェント開催

5月10日(日)からの約1カ月間にわたり日本各地でさまざまなテーマで行われるワークショップと、6月6日(土)に行われる1Dayカンファレンスを通して、ぼくらをとりまくあらゆる「デザイン」について考え、体験しよう! 詳細はこちらから。

WXD特集サイト:「デザイン」をリデザインする25の視点

デザインは、いまのあたりまえをちょっとずつ疑う方法であり、実験だ。3月10日に発売された雑誌の特集「ワイアード・バイ・デザイン」では、デザインの領域を拡張し、新しいものの見方を提示する25の事例を掲載している。そこで紹介したデザイナーや企業サイト、その関連動画や参考書籍をまとめて紹介。


TAG

DesignEventWorkshopWXD