お湯を計らなくても美味しく食べられる

写真拡大

フリーズドライ食品などを取り扱う天野実業(広島県福山市)は、140ml・160ml・180ml・200mlの4段階の湯量線が付いた「アマノオリジナルマグカップ」を、2015年5月20日から通信販売で発売する。

同社のフリーズドライ食品は、お湯を注ぐだけで本格的な味わいを楽しめる手軽さから、家庭だけでなくオフィスでも利用されている。その一方、6割の人が計量カップ無しで目分量によってお湯を注いでいるという。そこで、計量の手間を省き、湯量線までお湯を注げば最も美味しく食べられるマグカップを開発した。

上質な洋食器を製造する鳴海製陶の世界ブランド「NARUMI」を採用。色鮮やかで新鮮な野菜のデザインが、アマノフーズの素材への「こだわり」を表している。飲み口は広めで、スプーンやフォーク等でも食べやすく、洗いやすい設計。

価格は1389円(税別)。