主人公は女性トレーダー

写真拡大

KADOKAWAは、「21世紀の資本」の著者トマ・ピケティ氏の理論をマンガで学べるビジネス書「コミックでわかるピケティ入門」を、2015年5月18日に刊行した。

世界を揺るがせた理論がマンガでわかる

13年フランスで刊行、14年春に英訳版が出ると50万部のベストセラーとなり、日本でもブームとなっている経済書「21世紀の資本」。軽快なストーリーでわかりやすいコミックは、今までの入門書では入りづらかったという人におすすめ。章末には慶応義塾大学の藤田康範教授による解説付き。「ピケティを知る」も巻末資料としてまとめられている。「r>g」だけでなく、ピケティが伝えたかった経済の仕組みが詰まっている。

主人公はアメリカ帰りのスゴ腕トレーダー鳴海エリカ。金融市場という戦場で富豪たちとのビジネスに明け暮れていたが、とある事件に巻き込まれ......。仕事を頑張っていれば豊かな生活が手に入るのか? マルクスも予想外の「超」格差社会がやってくる?ピケティの理論がマンガでつかめる新感覚のビジネスストーリー。

定価は1000円(税抜)。