何の画像か特定できる「AI」システム、ネットで公開中

写真拡大

質問応答システム「Wolfram Alpha」を開発したウルフラム・リサーチが、画像に何が写っているのかを特定する「ImageIdentify」を発表した。10,000以上のものを見分けることができるが、人間的な間違いをすることもある。

SLIDE SHOW FULL SCREEN FULL SCREEN FULL SCREEN FULL SCREEN FULL SCREEN 「何の画像か特定できる「AI」システム、ネットで公開中」の写真・リンク付きの記事はこちら
02

2/5

03

3/5

04

4/5

05

5/5

Prev Next PAUSE EXIT FULL SCREEN 01

02

03

04

05

アップルのSiriも利用している質問応答システム「Wolfram Alpha」を開発したウルフラム・リサーチは、画像を正確に識別できる人工知能の開発に取り組んできた。そしてようやく、ソリューションと呼べるものを開発することができたという。何の画像であるかという質問に答えることができる機能「ImageIdentify」が、ウルフラム・リサーチのプログラミング言語「Wolfram Language」に組み込まれたのだ。

ウルフラム・リサーチのスティーヴン・ウルフラムCEOは、ImageIdentifyの開発に関する詳細をブログで説明している。また、その仕組みを説明するために、「Wolfram Language Image Identification Project」というプロジェクトをインターネットに公開。ブラウザーベースのアプリケーションを使って、誰もが画像をドラッグ&ドロップし、ImageIdentifyの回答を知ることができる。

ImageIdentifyの訓練には大変な労力が必要で、開発にはこれまでに計25年以上が費やされてきた。そしていまでは、約10,000個の一般的な物を特定することができるという。

「塩入れ」と回答。人間と同じように、間違えることもある。

「ImageIdentifyが完全に間違えることもあります。しかしそうした間違いは、どうして間違ったかが納得できるもので、ある意味、極めて人間的な間違いのように見えます。ImageIdentifyは、人間による画像識別処理の本質を、ある程度つかむことに成功していると思います」と、ウルフラムCEOは語っている。

(関連記事)グーグルが開発を進めている、写真を「自動的に説明する」技術

ImageIdentifyは開発者に向けて公開される予定であり、そうなればこの機能を利用したアプリ開発が可能になる。ウルフラムCEOは、「大量の写真があれば、例えば、動物、飛行機、デヴァイスといった写真に写っているさまざまなものに関する統計データを提示するプログラムを、Wolfram Languageを使って直ちに書くことができます」と言う。また「Google+」などの画像認識機能と同じように、ImageIdentifyの技術は、ほかの既存のアプリケーションに組み込まれるかもしれない。

ImageIdentifyは、写真を撮影してGoogleで検索できる「Googleゴーグル」や、Flickrが最近発表した「Magic View」、アマゾンの「Firefly」といった高速特定ツールの仲間入りをすることになる。しかしもちろん、ImageIdentifyには、プログラミング言語のWolfram Languageに組み込まれているという大きな違いもある。

アプリをダウンロードするか、ブラウザーベースのアプリケーションを使ことで、誰もがImageIdentifyを試すことができる。そのテストによるフィードバックによって、さらに画像認識の学習が進むことになるのだ。

TAG

AIImageIdentificationWIRED UKWolframResearch