缶チューハイを飲むシーンについて

写真拡大 (全5枚)

 フィールドマーケティング支援サービスを提供するソフトブレーン・フィールドは、「缶チューハイ」に関するアンケートを4月17日に実施し、その結果を公開した。

 調査対象となったのは、クレディセゾンとの共同事業「Point of Buy(R)購買理由データ」のアンケートモニターのうち、直近1年の間に缶チューハイの購入経験がある、20代〜80代の男女3,167人(女性1,857人・男性1,310人)。

 缶チューハイを飲むシーンを聞いたところ、男女ともにトップは「お酒を楽しく飲みたい時」(男性31.1%、女性32.8%)だった。 男女で傾向が分かれたのが「日常的に飲む」との回答で、男性は28.0%だったのに対し、女性では21.4%と、男性の方が6.6ポイント高い結果となった。逆に、「行楽・イベント時」との回答では、男性は13.3%だったのに対し、女性は18.7%と、女性の方が5.4ポイント高くなっている。

 アンケート回答者のうち、缶チューハイを購入したが「自分では飲まない」と回答した人を除く2,944人(男性1,258名、女性1,686名)に、好きな缶チューハイを聞いたところ、1位は男女とも「キリン 氷結」(男性58.7%、女性49.2%)だった。以下、男性は「キリン 氷結ストロング」25.3%、「サントリー −196゜C」21.1%と続いた。女性は「サントリー ほろよい」42.3%、「サントリー カロリ。」24.1%と続いている。

 缶チューハイを購入する際のポイントを聞いたところ、男女とも1位が「価格」(男性67.6%、女性62.9%)、2位が「ブランド」(男性40.9%、女性36.6%)という結果となった。3位はそれぞれ傾向が分かれ、男性では「度数の高さ」が27.0%、女性では「新商品・限定品」が34.0%でそれぞれランクインしている。

 また、自分に合っていると思う缶チューハイの度数についても聞いたところ、男性では「1度以下」が5.2%、「2〜3度」が15.8%、「4〜6度」が49.6%、「7度以上」が29.4%と、約3人に1人が「7度以上」のアルコール度数を好んでいることが分かった。女性では「1度以下」が9.3%、「2〜3度」が29.4%、「4〜6度」が46.5%、「7度以上」が14.8%となり、男性とは逆に約3人に1人が「2〜3度」のアルコール度数を好んでいるようだ。年代別に見ると、どの世代でも最も多いのは「4〜6度」(20代49.6%、30代43.9%、40代49.6%、50代45.9%、60代52.7%)だったが、20代、30代、40代では次に多いのが「2〜3度」(20代33.1%、30代33.8%、40代22.8%)、逆に50代、60代では「7度以上」(50代26.7%、60代25.7%)となっている。40代には「7度以上」も20.5%で「2〜3度」を好む方との差は2.3ポイントだったが、20〜30代と50〜60代では、好みのアルコール度数の高低に異なる傾向が見られた。