国際支援のピースウィンズ・ジャパンとサッカーJリーグ2部のクラブなどを持つ湘南ベルマーレは2日、国際支援の輪を広げていくために提携することを決め、都内で調印式を行った。

 「子どもたちに夢を。世界に希望を。」をキャッチフレーズに、協力してプロジェクトやコミュニティ活動を行うことで、国際支援の輪を広げていくことを目指す。具体的な支援内容に関してはこれから決定するが、すでにホームタウンからボールの寄付などを募っている。ベルマーレによると、ピースウィンズが説明を行った際、ベルマーレの多くのサッカー選手が興味を示した。シーズンオフに支援が必要な国々に行ってサッカーを教えたいという選手もいるという。【了】