[練習試合]狙い通りの“ボコボコの内容”市船Aチームとの対戦で明快な「宿題」出たU-15代表候補

写真拡大

[5.17 練習試合 U-15日本代表候補 0-5 市立船橋高 帝京平成大千葉キャンパス人工芝G]

 U-15日本代表候補は17日、帝京平成大学千葉キャンパスの人工芝グラウンドにて、市立船橋高および流通経済大柏高とトレーニングマッチを実施した。まずは午前中に対戦した市立船橋に、U-15代表の森山佳郎監督から出されていたオーダーは至ってシンプルなもの。

「ボコボコにしてください」

 相手がほぼ中学生だからといった「遠慮」は無用。全力で潰しに来てほしいという注文で、朝岡隆蔵監督もその声に応えて完全なAチームを準備。U-18日本代表MF永藤歩らベストメンバーが先発に名を連ねた。

 今回のU-15代表は2度目の招集だった2名を除くと、他は初招集ばかりの選手が集まった“発掘合宿”。初めて会う選手ばかりなのでコミュニケーションも不十分で、代表という「場」にも慣れていない。そんな中で向かい合う相手は高体連最強クラスのチーム。約3歳年長のチームを相手に、さまざまなものが「試される」試合となった。

 立ち上がりから主導権は市立船橋。その中でも当たりの強いMF山崎大地(広島ジュニアユース)らが中盤で抵抗を見せるが、フィジカル的にも組織的にも上回る相手に確実に押し込まれ、縦横のパスを奪われるシーンが目に付くようになる。22分に負傷離脱から復帰したばかりの市立船橋FW矢村健に決められて先制点を献上すると、44分にも裏に抜けたボールに対してGKとDFの連係がうまくいかずにボールを奪われ、永藤にゴールを許してしまった。

 後半は30分ずつのプレーだったGKを除いて全交代となったU-15代表だが、このセットは立ち上がりから相手の勢いに呑まれてしまった。後半9分、CKからの混戦をMF椎橋慧也に押し込まれて3点目を奪われると、13分にはクロスからFW高宇洋に決められて4失点目。さらに直後の16分にも高の巧みなボールタッチにGKがかわされ、0-5。U-15代表は11分にFW今村涼一(F東京U-15むさし)のシュートがポストを叩いたのが唯一の決定機で、まさに“ボコボコ”の内容だった。

「何もできなかった」とFW兵藤健斗(大垣市立南中)が振り返ったこの試合は、ある意味で森山監督の予想どおりであり、狙いどおりの内容でもあった。中学生同士であればフィジカル的にも勝っているし、強豪チームの選手なら「普段はゆっくりとボールを回して優位に立てる試合が多い」。だが、そうはいかない相手に対して、どう戦うか。

「もう一度、チャンスはあるぞ」

 森山監督は落ち込む選手たちへ静かに火を入れた。「個人として感じた課題を、次の試合にぶつけてくれるかどうか。違う意識で試合へ入れるか」。午後の流経大柏戦へ向けて、極めて明快な「宿題」が出た試合となった。

[写真]MF山崎(右)らが奮闘も見せたが、U-15代表候補は「宿題」が出る試合に

(取材・文 川端暁彦)