「ジェットマン」、ドバイの空を鮮やかに飛ぶ(動画あり)

写真拡大

「ジェットマン」として有名なイヴ・ロッシーが、スカイダイヴァーとふたりでドバイの空を滑空した。

SLIDE SHOW FULL SCREEN FULL SCREEN FULL SCREEN FULL SCREEN FULL SCREEN FULL SCREEN FULL SCREEN FULL SCREEN FULL SCREEN 「「ジェットマン」、ドバイの空を鮮やかに飛ぶ(動画あり)」の写真・リンク付きの記事はこちら
02-jetman10

2/9

03-jetman

3/9

04-jetman7

4/9

05-jetman5

5/9

06-jetman1

6/9

07-jetman3

7/9

08-jetman7

8/9

09-jetman9

9/9

Prev Next PAUSE EXIT FULL SCREEN 01-jetman8

02-jetman10

03-jetman

04-jetman7

05-jetman5

06-jetman1

07-jetman3

08-jetman7

09-jetman9

「ジェットマン」として有名なイヴ・ロッシーが、特注のジェットパックをドバイに持ち込んだ。スカイダイヴァーのヴィンス・レフェットと一緒に、ドバイの空を飛び回るためだ。

ふたりで上空を旋回し、急降下と急上昇をする驚きの姿が4K動画に収められている。

動画はまず、ふたりがドバイの砂漠の上を飛行する姿から始まる。その後ふたりはヘリコプターに乗り、都市へと運ばれる。ロッシーとレフェットは、世界一高い超高層ビル「ブルジュ・ハリファ」の周りを飛び、人工島「パーム・ジュメイラ」の上を滑空した。ある時点では、接触しそうなくらいの距離ですれ違う姿も披露している。

ロッシーはカーボンファイバー製の翼付きジェットパックを発明し、2004年に初飛行を行った。それ以来、ジブラルタル海峡の横断に挑戦し(これは失敗に終わった)、グランドキャニオンを飛び(日本語版記事)、B-17爆撃機との空中ダンスを披露し(日本語版記事)、富士山の周りを滑空している(リンク先は動画)。

スイス生まれのロッシーは現在55歳で、以前は民間航空機のパイロットだった。このジェットパック・スーツで飛行すると、時速はおよそ320キロメートル、高度はおよそ3,600メートルにまで達することができる。以前のタイプは2つのエンジンを搭載していたが、2006年以降は4つのエンジンを使用しており、より安定した飛行を行えるようになったという。

(関連記事)動画:ジェットエンジンを装着して空を飛ぶ人たち

TAG

GalleryJetpackVideoWIRED UK