愛媛県伊予市の少女集団暴行死 37歳女に懲役11年の判決

ざっくり言うと

  • 愛媛県伊予市で14年8月、17歳の少女が集団暴行を受け死亡した事件
  • 傷害致死や死体遺棄などの罪に問われた37歳の女に、懲役11年の判決が下った
  • 裁判長は「執拗に暴行し、人間扱いをしなかった」と指摘した

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング