扱いやすいクルーザーモデル発売

写真拡大

川崎重工業は、ミドルサイズのクルーザーモデル「VULCAN(バルカン) S」を2015年6月15日に発売する。

北米市場でロングセラーを続ける大排気量クルーザー「VULCAN」シリーズに新たに加わったミドルサイズモデル。扱いやすさを重視し、初心者や女性、小柄な体格の人まで乗ることができる設計だという。

水冷4ストローク並列2気筒エンジンを搭載。スムーズかつ豊かなトルクを発生させ、市街地での発進や低速走行での扱いやすさを実現した。また、リンク式モノショックと前18・後17インチのホイールが快適でスポーティなハンドリングを提供。クルーザーモデル伝統の力強いロー&ロングフォルムでありながら、斬新なデザインの逆三角形ヘッドライトなどオリジナリティ溢れるスタイリングも魅力だ。

高めのハンドルと低いシートの組み合わせで、リラックスしたライディングポジションが特長だが、さらにハンドル・シートの交換やステップ位置の調整ができるシステム「ERGO-FIT(エルゴフィット)」を初めて採用している。そのため、様々な体格のライダーにフィット可能。

新発売の国内仕様では日本のライダーに合わせた設定になっている。

価格は「VULCAN S」77万40円(税込)、「VULCAN S ABS」82万800円(同)。