日本ツアー初優勝をメジャータイトルで飾ったアダム・ブランド、賞金ランクも首位浮上!(撮影:上山敬太)

写真拡大

<国内男子賞金ランキング>
 国内男子ツアーのメジャー初戦「日本プロゴルフ選手権日清カップヌードル杯」終了時の国内男子賞金ランキングが発表され、日本ツアー初優勝をメジャータイトルで飾ったアダム・ブランド(オーストラリア)が首位に浮上した。
初となるオセアニア出身の日本プロチャンプの軌跡を写真で振り返る
 2位は開幕戦の覇者、マイケル・ヘンドリー(ニュージーランド)。3位には第2戦「中日クラウンズ」を制したI・J・ジャン(韓国)とベスト3を外国人選手が独占するかたちとなっている。
 日本人最上位は4位の山下和宏。5位には李尚熹(韓国)が続いている。ここまで外国人選手が3連勝している国内男子ツアー。そろそろ日本人選手も意地を見せたいところだ。
【国内男子賞金ランキング】
1位:アダム・ブランド(30,282,000円)
2位:マイケル・ヘンドリー(28,604,000円)
3位:I・J・ジャン(26,626,000円)
4位:山下和宏(21,640,000円)
5位:李尚熹(15,468,000円)
6位:藤本佳則(14,051,030円)
7位:H・W・リュー(10,496,000円)
8位:谷原秀人(10,268,033円)
9位:近藤共弘(10,253,110円)
10位:片岡大育(8,345,400円)

<ゴルフ情報ALBA.Net>