瀬戸内寂聴さんが法話を本格的に再開 療養中は「うつ状態だった」

ざっくり言うと

  • 僧侶の瀬戸内寂聴さんが17日、京都市の寂庵での法話を本格的に再開した
  • 療養中は気持ちが落ち込み、一時は「うつ状態」だったと告白
  • 「楽しかったことだけを考えて一生懸命うつにならないようにした」と語った

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング