全焼した川崎市の簡易宿泊所 生活保護受給者や解雇された人多く

ざっくり言うと

  • 川崎市で17日、簡易宿泊所「吉田屋」と「よしの」が全焼した
  • 同施設は、長期宿泊する高齢の生活保護受給者などが利用していたという
  • 50歳代男性は「自分は若い方。70歳代、80歳代の人も多い」と話している

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング