北野監督最新作が動員100万人「映画が大ヒットして嬉しくて嬉しくて!」。

写真拡大

4月25日に全国246スクリーンで公開された北野武監督17作目の最新作「龍三と七人(しちにん)の子分たち」(配給:ワーナー・ブラザース映画/オフィス北野)が、公開21日目となる5月15日に100万人動員を突破した。

本作は、引退した元ヤクザのジジイたちが、オレオレ詐欺や悪徳訪問販売でやりたい放題のガキどもと対決する、気分爽快な“ジジイ大暴れエンタテインメント”。平均年齢73歳の超ベテラン俳優たちが個性豊かでどこかチャーミングなジジイを演じ、軽快なテンポで進む。

公開以来、老若男女が劇場に足を運んでいたが、ゴールデンウィークに入ってからはその勢いがさらに増し、5月4日、5日の各日では、初日4月25日の動員・興行収入を上回った。

北野監督は「映画が大ヒットして嬉しくて嬉しくて! とにかく嬉しくてたまらない! たくさんのお客さんに見て頂いてありがたいことです。見ていない方はもちろん、すでにご覧になった方も2回3回と見るとまた違った発見があります。是非足を運んでちょーだい」とコメント。

また、主演の藤竜也も「100万人突破!? エーッ、ほんとうですか?…ジジイになってよかったです!!! 僕はしあわせものです。観に来てくれた皆さん、ありがとうございました。これから観に来てくれる皆さん、ありがとうございます」と喜びのコメントを寄せた。

なお、北野監督にとって動員100万人突破は、「座頭市」(2003年)、「アウトレイジ ビヨンド」(2012年)に続き3作目。「アウトレイジ ビヨンド」(最終興行収入14.5億円)を越えるか、今後の推移に注目しておきたいところだ。