わたしはサムライじゃない──イーロン・マスク、評伝は「デマ」と反論

写真拡大

テスラやスペースXの創設者イーロン・マスクが、自身の伝記の内容を否定した。「出産立ち会いで休んだ社員を叱責」「自分を『サムライ』扱い」はデマだと反論している。

「わたしはサムライじゃない──イーロン・マスク、評伝は「デマ」と反論」の写真・リンク付きの記事はこちら

テスラ・モーターズやスペースXを創設したことで知られるイーロン・マスクは、事実関係を明らかにして誤解を解きたいと考えている。第一に、自分は産休制度を支持しており、第二に、自分のことを「サムライ」扱いしたことはないという。

ことの発端は、ジャーナリストのアシュリー・ヴァンスが出版しようとしているマスクの伝記本『Elon Musk: Tesla, SpaceX and the Quest for a Fantastic Future』だ。

『Washington Post』はこの新刊書から、マスク本人が言ったとされる言葉を含め、彼に関する22の驚くべきエピソードを引用

仕事中毒の億万長者であるマスクに関する引用には、冒頭に紹介したような軋轢を招きそうな件も含まれていたが、下記のようなエピソードは事実らしい。

ペイパルの祝賀ディナーで、旧ソ連のロケットに関する古びた取扱説明書を読んでいたらしい。グーグルのラリー・ペイジはこう語っている。「おかしな話だと思うだろうけど、マスクはホームレスのようなんだよ。こんなメールを送ってくるのさ。『今夜泊まるところがない。君のところに行ってもいいかい?』」マスクは女性についてよくわかっていないらしく、次のように述べたとされている。「デートにはもっと時間をあてたいと思ってる。だから女友達を見つけて、もう少し時間をつくる必要がある。たぶんあと5〜10時間くらいは。女性がデートに求める時間は週にどれくらい? わからないけど、最低10時間くらいかな?」マスクは、自分の仕事場にローラーコースターをつくることを検討していた。「中に入ると、ローラーコースターが工場内を案内してくれるんだ、上がったり下がったりしながら。ほかに誰もローラーコースターなんてもっていないだろう? カネはかかるだろうが、このアイデアは気に入っている」

だが、この引用リスト(とヴァンスの新刊書)には、匿名の情報が含まれており、物議を醸す可能性もある。マスクが社員に送ったメールが出所と思われる情報は、出産に立ち会うために仕事を休んだその社員を、彼が厳しく非難する内容だ。

「そんなのは言い訳にならない。非常にがっかりしたよ。君は優先順位を考える必要がある。われわれは世界と歴史を変えようとしているんだ。それにコミットするかしないかだ」

これはマスクが冷酷な人間であるという印象を与える引用文であり、事実、ネットではそのように広く報じられた。しかしマスクによると、そんなメールを送ったことはないという。彼はTwitterでこう反論した。

It is total BS & hurtful to claim that I told a guy to miss his child’s birth just to attend a company meeting. I would never do that.

? Elon Musk (@elonmusk) 2015, 5月 12

「出産に立ち会わずに会議に出席しろとわたしが言ったという話は、完全にでたらめで胸が痛む。そんなことはしない」

@voxdotcom I have never written or said this. Ashlee’s book was not independently fact-checked. Should be taken w a grain of salt.

? Elon Musk (@elonmusk) 2015, 5月 12

そんなことは言ったことも書いたこともない。アシュリーの本は第三者による事実チェックを受けていない。まともに受け取るべきではない。

マスクはさらに、「失敗するくらいなら切腹する」と彼が述べたという別の引用も間違っている、とツイートしている。

300件のインタヴューとマスクとの30時間にわたる対談に基づいたという新著は、5月19日(米国時間)に発売予定だ。

TAG

BookElon MuskSpaceXWIRED UK