IDEOがデザインした「憂鬱な月曜日を少し楽しくする」3つのアイテム

写真拡大

どんなに憂鬱だとしても、毎週必ずやってくる月曜日。そんな週始めをリデザインすべく、IDEOが3つのアイデアをもとにユニークなアイテムを制作した。これさえあれば、来週からは気持ちよく月曜日を迎えられるかもしれない。

「月曜日のことを考えるだけで気分は最悪です」とデザインファーム・IDEOのニューヨークオフィスでデザインディレクターを務めるイングリッド・フェーテルは言う。

「IDEOがデザインした「憂鬱な月曜日を少し楽しくする」3つのアイテム」の写真・リンク付きの記事はこちら

しかし、現実にはそれほどひどくはならないものだ。わたしたちは「月曜には何かひどいことが起こる」と考えられるよう、仕向けられてきた。何が起ころうと、それは月曜日のせいではないはずなのに。IDEOはこの偏見をなくそうとしたのだ。

ではどうやって月曜日をデザインしなおすのか。この難題を解くためにIDEOはまず、カート・アンダーソンが進行役を務めるラジオショー・Studio 360(WNYC)の力を借りた。

最初にフェーテルのチームが目を付けたのは、月曜と正反対の曜日だ。「どうして金曜日をこんなに嬉しく感じるかを解き明かすことで、月曜日に何が起こっているかがよく分かりました」とフェーテルは言う。金曜日は、自由の日だ。何も束縛されず、自分がしたいことを自由にすることができる。まさに月曜日と正反対だ。この発見から、彼らチームは月曜日が少しでも心安らかになることを願って、3つのアイデアをもとに作品をつくり出した。

1.朝、気持ちよく起きること

朝起きるのはつらい。でもそれをもっとつらいものにしている原因があった。鳴り響く目覚ましの音だ──。IDEOはこんな簡単な観察から1つ目のアイデアを得た。朝一番の笑い声、子どもの笑う声こそ一番の目覚ましで、うたた寝から優しくゆり起こしてくれるのだ。

科学的にも、笑い声は、ほほえみのための筋肉を動かす前運動野に届いて、わたしたちの脳が反応するのだという。つまり、笑い声に反応して起きるなら、ほほえんだ顔で脳神経からすっきり目覚めることになる。悪くない週始めだ。

フェーテルはもう何年間も 「喜びの美学」(彼が命名した) について研究を重ねてきた。物の形や色が人の感情に与える影響を詳しく知りたいのだ。

わたしたちの脳では、ある色や形がそれぞれ特定の感情と結びついている。フェーテルが良く例に挙げるのは、会議のテーブルの端などに鋭角を見つけたときに、脳では不安や恐れに関連した部位が反応するという研究だ。「本当に関連があるのです。鋭いものを見ると、何とか避けようという気持ちが起こります」 と彼は語る。


TAG

AppClockDesignIDEOWIRED US

2.ちいさな楽しみをみつけること

朝、その日の予定をチェックしてため息をつく。約束や会議で埋まったスケジュールを見て、うんざりする…。

IDEOは、たとえスケジュールがぎっしり詰まっていても、その日のうちに小さな思いがけない喜びを見つけ出すことができる、と考えた。それは、キッチンで配られるドーナツや仕事のあとに仲間と飲む1杯、などだ。

「些細な楽しみで、月曜日の不安や憂鬱が消えてなくなるわけではありません」とフェーテルは言う。「でも、そうしたちょっとした楽しみがあることを、ちゃんと見せてくれるツールをつくり出したいのです」

そうしてできたのが「PopUp」。予定表に埋もれている小さな楽しみをかき集めてくれるアプリだ。これがあれば、仕事で出先にいるときに、ちょっと寄り道すればお楽しみが待っていることも分かるし、初めての人と会う予定も思い出させてくれる。デザインも、従来のきちっとした四角形ではなく、シャボン玉模様の丸いものにした(「喜びとはいつまでも変わらないものではなく、思いがけないときにどっとやってくるものです」とIDEOは記している)。

Ideo社はこのアプリに合わせて、小さなオモチャもつくり出した。会議の時間が来るたびに、本物のシャボン玉を吹き出すのだ(上記GIF画像)。

「予定表がつらいものに見えるのは、“通知すること”ばかりを考えたものだからです」とフェーテルは言う。「このオモチャがあれば、きれいなシャボン玉が膨らんで、会議の予定を確実に、そして驚きの気持ちとともに知らせてくれるでしょう」

3.感謝する機会をみつけること

つらい月曜の始まりは、実は日曜にある。「日曜日の夜は、何か足りない気持ちになります」とフェーテルは言う。「週末がもう終わってしまうという事実を突きつけられるのです」。しかし、もうすぐ目の前を去ってしまう日曜日のことを考える代わりに、IDEOがつくったアプリは、あなたが感謝するべきものを知らせてくれる。

「Sincerely」という名のこのアプリは、日曜日の夜になると、あなたが大切に思う誰かに送る感謝のメッセージを書くように催促する。そのメッセージは予定通り送られ、そして月曜の朝には (おそらく) 心のこもった返信を受け取っているというわけだ。IDEOのデザイナーは、昔のトランシーバーのような試作品をつくった(ただし、Bluetoothを内蔵している)。メッセージを受け取ると、アンテナが犬の尻尾のように振れる。

シャボン玉のオモチャも空き缶型の電話もちょっと気取った感じがするが、フェーテルに言わせれば、月曜日をつくり変えるというのは、月曜日を喜びに満ち溢れた日にすることばかりではない。

「目的がかなう喜び」こそが大切なのだ。月曜日は嫌いだ、といった深く染みついた習慣を変えるために必要なのは、ドラスティックな見直しを加えることではない。

「広がる波紋のもととなる小さな波をどう起こすかの方が大切です」 とフェーテルは言う。「はじめは小さくても、やがて大きな力をもつようになりますから」

TAG

AppClockDesignIDEOWIRED US