『マッドマックス』新作に、「男性の権利擁護活動家」の怒りもマックス

写真拡大

30年ぶりに公開される『マッドマックス』シリーズ第4作に対して、怒りの声を上げている人々がいる。男性の権利擁護活動団体「Men’s Rights Activists」だ。

「『マッドマックス』新作に、「男性の権利擁護活動家」の怒りもマックス」の写真・リンク付きの記事はこちら

30年ぶりに公開されるシリーズ最新作『マッドマックス 怒りのデス・ロード』が、いかにもこの作品を観たがって劇場に足を運びそうな、ある種の人々を激怒させている。

終末世界を描いたシリーズ3部作の産みの親であるジョージ・ミラー監督が再びメガホンを取ったこの作品で、主役を演じるのはトム・ハーディ。英国では5月14日に公開された(日本では6月20日公開)。

だが、この作品に不満をもつ集団がある。主人公のマックスと女戦士フュリオサが、武装集団を率いるイモータン・ジョーに囚われた5人の女性を連れて逃れるというあらすじに、「Men’s Rights Activists」(男性の権利擁護活動家:MRA)が激怒しているのだ。

彼らは、本作品にはフェミニストのプロパガンダが込められており、ハリウッドのリベラル派がまたしても、伝統的な「男らしさ」の概念を損なおうとしていると主張している。

「MRA運動」の拠点である「Return of Kings」のサイトでは、投稿者のアーロン・クラリーが次のように述べている。「米国や世界の男性たちは、爆発シーンや竜巻状の火炎、砂漠の襲撃者といったシーンに惹かれて、フェミニストのプロパガンダでしかないのが明らかなこの映画を観に行くのだろうか。そして、侮辱されたうえに、たぶらかされて、米国の文化の一部が台無しにされて目の前で権利が書き換えられるのを目にするのだろうか」

クラリーはまた、マックスが映画のなかで脇役扱いされ、「フェミニズムにへつらうかのように、現実にはありえない女性キャラに主役を取って代わられている」と主張している。

(関連記事)アメリカでは「ジェンダー・ニュートラル」なトイレが広まっている

だが、クラリーの意見は、ある事実を前にするとたちまち弱まる。その事実とは、マッドマックス・シリーズが実際にはオーストラリア映画であり、監督や脚本家、制作者もオーストラリア人であることだ。そのうえ、同シリーズの前3作品の主役を演じたのは、12歳のときからオーストラリア在住だったメル・ギブソン。ちなみに、今回のマックスを演じるトム・ハーディは英国人。女戦士フュリオサを演じるシャーリーズ・セロンは南アフリカ出身で、残りの出演者の多くとスタッフのほとんども米国出身ではない。

当然ながら、Return of Kingsへの投稿者たちは、クラリーの文章にある誤りや不正確な点を指摘されたとしても女嫌いが変わるわけでもなく、本作品を黙ってボイコットするよう呼びかけている。

本作品は、彼ら以外の、ほぼどの方面からも称賛されている(強い女性が登場すると、いつだって称賛されるものだ)。ミラー監督は、マッドマックス・シリーズをあと2作品手掛けるつもりだ。MRAがいくら嘆き悲しんだところで、その主張は今後何年間も無視されていくだろう。

TAG

GenderMadMaxMovieVideoWIRED UK