「スター・ウォーズ」のInstagramは、フォローすべき

写真拡大

100万のフォロワーを集めるまでになった『スター・ウォーズ』のInstagramアカウント。舞台裏の画像、大道具や小道具の詳細写真、お宝グッズ、さらに熱狂的なファンがつくったアートや写真などが集まっている。

"Don't be too proud of this technological terror you've constructed." JK! You should be proud. It's incredible. #StarWars #BehindTheScenes #props

「「スター・ウォーズ」のInstagramは、フォローすべき」の写真・リンク付きの記事はこちら

Star Warsさん(@starwars)が投稿した写真 -

はるか彼方の銀河で、ダース・ベイダーがセルフィーを撮ってスター・ウォーズ公式Instagramを始めた。

マット・マーチンはルーカスフィルムのデジタルコンテンツおよびコミュニティ担当部長として、インターネット上のスター・ウォーズの宇宙で起こる、偉大な物事を担当している。フィルム編集の手伝いもするし、舞台裏のコンテンツを集めた「とびきりの保管文書」に自由にアクセスできるのだ。

「わたしは映画制作の過程で起こるさまざまな出来事が大好きです。だから、昔の記録や画像を丹念に調べ直すというこの仕事が楽しくてしょうがありません」と彼は言う。「とにかく知らなかったことを1つでも多く明るみに出し、忘れかけていたことをきちん整理しなおすようにしています」

マーチンが見つけたお気に入りのひとつは、初期ILM(インダストリアル・ライト&マジック)ハロウィーンパーティーの写真だ(このイヴェントは今日でも行われる)。コンセプト・デザイナーのジョー・ジョンストンが、『新たなる希望(Star Wars Episode IV: A New Hope)』が公開される1年も前に、自作のダース・ベイダーのコスチュームを着た姿が写っている。

Joe Johnston, #StarWars concept designer, in his handmade Darth Vader costume poses with special effects supervisor John Dykstra at an ILM #Halloween party in 1976. #Latergram

Star Warsさん(@starwars)が投稿した写真 -

マーチンはまた、最初の三部作のためにつくられたよりももっと多くの数のミニチュアモデルが、その過去の物語を描いた続編のためにつくられたことも知った。「最初、どれもデジタルで描いただけだろうと思っていたのです」 と彼は言う。

ハン・ソロのもつ銃越しに見えるデス・スターは実際、どのくらい大きいのだろうか。答えが知りたくなったら、ベイダーらと出会うためにInstagramに集まってほしい。この数か月の間に新作映画を少しでものぞき見したいと思うなら、「未来は…いつも@StarWars Instagramに映し出されている」 のだそうだ。

#ThrowbackThursday - It's like getting knighted, but cooler. #StarWars #BehindTheScenes #tbt #Latergram

Star Warsさん(@starwars)が投稿した写真 -

TAG

InstagramMovieStar WarsWIRED US