「レゴでできた世界」が、Googleマップ上で実現

写真拡大

レゴの世界を体験することができる「Brick Street View」。Googleマップ上で世界中の場所に移動でき、ストリートヴューまで見ることができる。

「「レゴでできた世界」が、Googleマップ上で実現」の写真・リンク付きの記事はこちら

全世界がレゴでつくられていたらどんな光景になるだろう、と想像する必要がなくなった。「Google Street View」で確かめることができるのだ。

スウェーデンの開発者アイナー・エーベルグが開発した「Brick Street View」は、「Google Places API」とオープンソースのソフトウェアを利用し、レゴでつくられた世界の姿を描き出す。

Brick Street Viewでは、Googleマップと同じように左上にある検索バーに場所を入力すると、世界のあらゆる場所に移動することができる。そしてレゴ・レディの手の部分を掴むと、レゴでできたストリートヴューへと案内してくれるのだ。

パリのエッフェル塔

建物はピクセル化されて抽象的に描かれるため、目にしているものを正確に知っていないとそれが何であるかを判別するのは難しい。しかし少なくとも、世界の多くの名所を見渡すことができる。

エーベルグがGoogleマップを変身させたのはこれが初めてではない。Google Street Viewの奥行きデータを使った実験作「Urban Jungle Street View」も彼の作品だ。

グスターヴ・エッフェル通りからの眺め

TAG

GoogleStreetViewLEGOWIRED UK