名古屋ゴミ屋敷の家主 もともとは裕福な育ちで若くして常務に

ざっくり言うと

  • 全国的に有名となった名古屋市にあるゴミ屋敷の家主に密着している
  • 家主は大学卒業後に父親が経営してた会社に就職し、常務として働いていた
  • 27歳のときに父親が亡くなり、手元にはゴミ屋敷の一軒家などが残ったという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング