イ・ボミはこの日一時首位に立つも2位で最終日へ(撮影:ALBA)

写真拡大

<ほけんの窓口レディース 2日目◇16日◇福岡カンツリー倶楽部 和白コース(6,375ヤード・パー72)>
 国内女子ツアー「ほけんの窓口レディース」の2日目。大会史上初の連覇を狙うイ・ボミ(韓国)はこの日スコアを伸ばせずイーブンパーでラウンド。首位のジョン・ジェウン(韓国)と1打差の2位で最終日を迎えることになった。
イ・ボミの特選PHOTOを写真館でチェック!
 「今日は風がある中で午前中アンダーパーだったので、そのまま終れるかと思ったけど…」、後半は2つスコアを落としてしまい不本意な結果に。「自分の集中力が落ちてボギーにしちゃったかな」。昨日から気温が6度下がり、冷たい風が吹きつける中で進行の遅れから毎ホール待たされてしまい、体力を消耗してしまった。
 今季ここまで賞金ランク、平均ストローク、平均パット数で1位ながら勝利がないボミ。2位が4回とシルバーコレクターに甘んじてしまっている。先週は韓国から日本ツアーに初参戦したチョン・インジに優勝をさらわれ3位に。そして、今週はジョンが前に立ちはだかっている。
 先週は8位タイでフィニッシュしたジョンは今年から日本ツアーに参戦している新鋭。この日が26歳の誕生日で「誕生日が試合に重なることが多いですが、その時は成績もいいんです」とバースデーに単独首位に立てたことに笑顔をみせた。先週の前は4週間韓国ツアーに出場しトップ10が3回、「最近はずっと調子が良くて上位にいたので、そんなに緊張はしないと思う」と移動による疲労はあるもののゴルフは好調そのものだ。
 2週連続で、自国の後輩にリードを許し最終日を迎えたボミ。「自分に負けないようにするだけです」、周りは意識せず明日は頂点だけを見つめてプレーする。
<ゴルフ情報ALBA.Net>