<日本プロゴルフ選手権大会 日清カップヌードル杯 3日目◇16日◇太平洋クラブ 江南コース(7,053ヤード・パー71)>
 「日本プロゴルフ選手権大会 日清カップヌードル杯」の3日目。アジア、ヨーロッパをまたにかけて転戦を続ける21歳・川村昌弘がツアー2勝目へ向けてトータル11アンダーの2位タイに浮上した。首位とは6打差ながら逆転をかけて最終日を迎える。
国内男子ツアーをフォトギャラリーでチェック!
 前半に5つのバーディを積み重ね、スコアを伸ばして迎えたバックナイン。一人走るアダム・ブランド(オーストラリア)を追いかける中で13番、14番で痛恨の連続ボギーを叩いてスコアを落とした。「ロング(13番)でレイアップをミスしてピッチング(ウェッジ)で林に入れてしまって。次のホールもセカンドで右ラフからシャンク。テレビ映ってたらわかる人にはわかる、カチーン!って良い音してましたよ(笑)」。
 だが、ミスは引きずらない。「こっから全部バーディで(ブランドが)全部ボギーだったらいい勝負になりますね(笑)」とキャディと話すと、続く最難関の15番500ヤードのパー4では「210ヤードを3番ユーティリティ。フライヤーしないようにフェース開いて、上から打ち込んで球を吹かせたし完ぺきでした」と高い球で3メートルにつけてバーディを奪取。アジア、ヨーロッパで培った技術で力強いバウンスバックにつなげて見せた。
 6打先を行く首位のブランドとは昨年の8月に出場したフィジーでの試合で同組になった経験がある。「彼は実力者。強風の中“80”くらい打った日に“68”くらいで回ってきた(実際は75)。ずっとアメリカの2部でやっていているし、崩れてくるのは期待できない。パターが上手い印象。まあショットもうまいですけどね(笑)」。
 だが、今週のここまでの歩みが川村に確かな自信を与える。「ショットはいいので。パターで作ったスコアなら2位狙いだけど、今週はショットで全部作ってきたスコア。パターが入ればチャンスはある」。今週初めてラウンド後の練習場に足を運び、「力が入ったのをニュートラルにリセットするため」ウェッジのみ20球。クールダウンの意味も込めた軽いスイングは、世界を転戦する過酷なスケジュールの中で自身の調子を維持するために身につけた調整法だ。
 日本に帰国して以来苦しめられている花粉症も、この日は朝に降った雨とキャディにすすめられた花粉症対策のガムを噛んで影響はほぼなし。前日長時間を割いたパット練習もこの日は早めに切り上げて不安はなくなった。最終日、ブランドへのフィジーでのリベンジはなるか。日本プロで6打差以上を逆転したのは過去2例(2013年(金亨成)、1991年(尾崎将司))のみだ。
<ゴルフ情報ALBA.Net>