NTPでフィリピンなど10カ国以上が被爆地訪問を支持 中国は反対を強調

ざっくり言うと

  • 国連本部で開催されている核拡散防止条約再検討会議の第1委員会
  • 10カ国以上が15日、被爆地訪問を指導者に促す文言を盛り込むべきと主張した
  • 文言は12日、中国の反対で原案から削除されていた

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング