覚醒剤に手を出す医師たち…一因には「多忙と重圧」か

ざっくり言うと

  • 大阪府警は13日、覚醒剤取締法違反の疑いで皮膚科医を逮捕した
  • 勤務医の多くは激務で、多忙と重圧により薬物に手を染めることがあるという
  • これまでにも、医師による覚醒剤や麻薬による事件が度々発生している

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング