超軽量レーシングバイク全世界50台限定で発売予定。

写真拡大

アウディジャパン(東京都品川区)は、全世界限定50台生産の超軽量レーシングバイク「Audi Sport Racing Bike(アウディ スポーツ レーシング バイク)」を日本で初公開。近日発売を予定している。

2015年3月にスイスで開催されたジュネーブモーターショーで発表されたレーシングバイク。アウディの軽量技術コンセプト「Audi ultra(アウディ ウルトラ)」の思想とスポーティネスを表現するというカーボンファイバーフレームを搭載している。フレーム重量は790グラムでバイク総重量も5.8キログラムと超軽量モデルだ。

フレームを手掛けたのは、カーボンファイバー製の軽量バイク用コンポーネンツ製造20年の歴史を持つ、ドイツの「Carbon Sports(カーボン スポーツ) GmbH」。アウディのスポーツカーからインスピレーションを得て制作され、フレームにはFIA世界耐久選手権ならびにルマンで活躍しているレーシングカー「Audi R18 e-tron quattro(イートロン クアトロ)」のコックピットにも使われたCarbon Sports製東レT1000カーボンを採用。また、ホイールには同じくLightweight(ライトウエイト)ブランドのMEILESTEIN(マイルシュタイン)Cモデル、サドルにはアウディのフラッグシップスポーツカー「Audi R8」のファインナッパレザーを採用した。さらに、デジタル変速システムShimano Dura Ace Di29070シリーズを装備した。

全世界限定50台生産で価格は日本円換算約237万円。