Z型アームでポジション自由自在!(写真は、「トランスフォーム・ロボテーブル BLT‐74‐BK」)

写真拡大

ビーズは、自社のオフィス・インテリアブランド「Bauhutte」(バウヒュッテ)から、多関節で自由自在にポジション調整ができる電子機器用テーブル「トランスフォーム・ロボテーブル Grasshopper LOBO All Direction(グラスホッパーロボ・オールダイレクション)」シリーズの発売を、2015年5月14日に発表した。

360度の角度調節が可能

製品は、「BLT‐74‐BK」と「BLT‐74‐WH」、「BLT‐75‐BK」「BLT‐76‐BK」の3種類。快適なパソコン・タブレットライフをサポートする、360度の角度調節(15度ごと)が可能な多関節構造の脚部をもつ、多用途テーブル。

ローデスクやベッドサイドデスクとして、またタブレットなどを机の上に置いたままスタンディングデスクとして、さまざまに使える。

「BLT‐74‐BK」と「BLT‐74‐WH」と、「BLT‐75‐BK」は脚部の関節が左右それぞれ3か所あるZ系トリプルアクセス型。アームの高さを利用して、寝転がりながら仰向けになってタブレットを使用することもできる。「BLT‐76」は脚部の関節が左右各2か所のL系ダブルアクセス型のアームを採用した。

ストッパーを装備し、固定用バンドも付属しているため、ノートパソコンやタブレットの落下を防止するほか、折りたためばコンパクトになるため、持ち運びや収納にも便利。

「BLT‐74‐BK」と「BLT‐74‐WH」は、設置時の最大サイズが幅570×奥行290×高さ480ミリメートル、折りたたみ時のサイズは幅570×奥行290×高さ40ミリメートル。重さは1.5キログラム。希望小売価格は、8600円(税別)。

「BLT‐75‐BK」は、設置時の最大サイズが幅500×奥行260×高さ490ミリメートル、折りたたみ時のサイズは幅500×奥行260×高さ40ミリメートル。重さは0.9キログラム。希望小売価格は、5600円(税別)。

「BLT‐76‐BK」は、設置時の最大サイズが幅480×奥行260×高さ270ミリメートル、折りたたみ時のサイズが幅480×奥行260×高さ40ミリメートル。重さは0.8キログラム。希望小売価格は、3900円(税別)。