柴崎に憧れて長野から青森山田進学のMF東城、U-15代表生き残りへ意欲

写真拡大

 15日にスタートしたU-15日本代表候補千葉合宿にはMF鬼京大翔(流通経済大柏高)、MF東城雅也(青森山田高)、FW山田寛人(C大阪U-18)、FW宇津元伸弥(鵬翔高)という早生まれの高校1年生選手4人が選出されている。初日の練習後に東城は「きょうはまだ声も出ていなかったし、自分の長所であるスルーパスやシュートも出せなかったので、もっとそこをやっていかないといけないなと思いました。高校生なので自分がもっとチームを引っ張っていけるような存在になっていきたいです」と2日目以降によりアピールすることを誓っていた。

 東城は今回が初の年代別日本代表候補入り。「嬉しく思いますし、こういうところでしっかりと結果を残さなきゃ次も選ばれないと思うので、もっとしっかり自分を出して行きたいと思います」と意欲を持って青森から千葉へと乗り込んできた。だが、周囲の選手も明らかに緊張の色が見える中、合宿初日は自身の特長であるスルーパスやシュートを出すことができなかった。だからこそ「2日目、3日目、4日目はチームでもっとコミュニケーションを取ってみんなで戦ったりしていきたいです」と誓う。

 長野のFC CEDAC出身。自主練からボールに触ることを増やしてテクニックを磨いてきたMFはナショナルトレセンメンバーに選出されるなど地域で評価を高めてきた。そして「柴崎岳選手の選手権の試合を見に行って、柴崎選手に憧れて自分も行きたいと思いました」という理由で地元を離れ、北の名門・青森山田へ進学。そしてU-15日本代表候補メンバーに選出された。09年U-17W杯に日本の10番を背負って出場し、その後A代表まで駆け上がった先輩のように代表でアピールして将来の可能性を広げる。

(取材・文 吉田太郎)